Micro park ロゴ画像
プロ・美容室専売品【ROjUE(ロジュエ)】

パーマ液ロジュエの柔らかさの2つの秘密

「縮毛矯正で髪の毛がこんなに柔らかくなるのは初めて!」

こんにちはマイクロパーク代表の瀧澤です。

昨年にリリースしたパーマ剤 ロジュエですが、徐々にお客様の反響も大きくなり現在では東北から関西地方とご利用頂くお客様の範囲が広くなってきております。

そんなお客様からよくお声をいただくのは

「縮毛矯正をした髪の毛がこんなに柔らかいのは初めて!」

という声です。

そうです。ロジュエはとにかく究極に柔らかくなる質感が売りなんです。

で、なんでそんなに柔らかくなるのか?

ポイントは2つ

①アルカリ量が必要最低限しか入っていない!

②還元剤のシスを塩酸塩というタイプを使用している!

ロジュエはクリームでアルカリが1.5。リキッドで0.8と他メーカーに比べアルカリの量を少なく設定しております。
髪が施術によって痛む原因は様々ですが、一番の原因はアルカリの量です。特に縮毛矯正はしっかりと伸ばす目的で設計されているものが多いので

例えば美容業界最大手の○ルボンの縮毛矯正剤の一番強いタイプになってくるとアルカリ量が7~8ぐらいになってきます。

ブラジルの方のように強い髪にも対応できる仕様になってくるのでアルカリを強く設定してあるのは
仕方のないことです。

でもよく考えてみて下さい。
あなたのサロンにブラジル人の方のように剛毛で縮毛がかかりにくいお客様って何人いるんでしょうか?
よく考えてみたら1~2人ぐらいしかいないのではないでしょうか?
普通の髪の毛の人にはアルカリは7も8もいりません。実質1.5ぐらいあれば対応ができます。
現代のお客様は何かしらケミカル施術をしている方が圧倒的に多いですし、バージン毛でも時間の配分さえ気をつければアルカリはそんなに入ってなくてもパーマはしっかりとかかります。

ではなぜ他メーカーそんなに多くのアルカリを入れるのか?
それは「傷んでしまう」よりも「伸びない=失敗した」が起こらないことを優先しているからなんです。
なので、強くししっかりと伸びることを優先してアルカリを多めに入れているのです。
これは意外に知られていないことですが
還元剤のコントロールさえしっかりとマスターすればアルカリに頼らなくても
痛みを極限に少なくバージン毛でもパーマはかけられるんです。

ちょっと覚える手間はかかりますが還元剤コントロールを覚えてダメージのより少ない
パーマをロジュエで覚えてみてはいかがでしょうか?

補足ですが、アルカリは熱と反応することで髪の毛に対して悪さをするのでそれもデメリットになります。

ロジュエの柔らかさの秘密二つ目は
薬事法で定められた値の限界までシスを入れていることです。

ロジュエは3つの還元剤からなるパーマ剤で
チオ
シス
システアミン

の3つの還元剤からなっています。

どれも薬事法で定められた値の限界まで成分を配合しておりますので髪の毛に対してパーマを施し場合結果が
出やすくなっております。

特にその中でも今回こだわったのがシスです。
このシスはとにかくこだわりシスの原料の中でも高価なものを配合しています。
このシスが髪の毛に対して

究極の柔らかさとハリコシ弾力を与えることができるように設計されています!

シスは元から髪にある成分でそもそも髪に優しい。その上に毛髪を強化したり柔らかさを与える成分なので
髪に対してはメリットがとても多い成分です。

その成分に対してこのロジュエは他社メーカーより10倍も20倍もこだわりを入れさせて頂いております。


業界ではパーマ比率が伸びにくいものになっていますが
理由は痛みがとか、手間がとか様々です。

このロジュエはたった1種類の商品でその問題に立ち向かい、工夫や試行錯誤を重ね
美容室の生産性や業務効率改善に繋げて行く商品です。

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

以上究極の柔らかさを提供するパーマ液 

ロジュエ

の紹介でした。

詳しく知りたい方はお問い合わせをクリック!

問い合わせ



?Gg[???ubN}[N??