Micro park ロゴ画像
Professional beauty salon exclusive products【ROjUE(ロジュエ)】

2019年October

How to find something that "looks good" to you 120%! Part 1


今日はStyling Map (スタイリングマップ)についてみなさんに少しお伝えしようと思います! え!? パーマの会社なのに関係ないじゃん! と言わず、お付き合いくださいませ! みなさん、「人に似合う」ものを説明するとき「なぜそれが似合うのか」相手に理由を説明できますか? 例えばヘアカラー。 これが一番わかりやすいので自然と説明できる方も多いでしょう。 私がStyling Mapをやっていて 一番重要だと感じたのは「肌」です。 その人が持つ肌を分析することで似合うヘアカラーは大きく変わります。 ※ちなみに肌のほかに目や髪の色、顔体の形、目肌髪の質感すべてをチェックするのがStyling Mapを使ったカウンセリングになります。 肌を分析するときに見るポイントは ①ブルーベースかイエローベースか ②明るいか暗いか ③ツヤかマットか これらをチェックしかけ合わせることで、おおよそその人が似合うヘアカラーを導き出すことができます。 ①では似合う色味がわかります。 ブルーベース→寒色形カラー イエローベース→暖色系カラー ②では明るさがわかります。 明るい→ライトカラー、軽いかんじ 暗い→ダークカラー、深みのあるかんじ ③では質感がわかります。 ツヤ→ツヤのある質感 マット→パウダリーな質感 例えば、私の肌はイエローベースで比較的暗めでマットな質感です。 Styling Mapメソッドから提案できるヘアカラーは、明るすぎない暖色系でスタイリング剤はツヤツヤのオイルよりも自然なバームで仕上げると◎といった感じで「なぜ似合うのか」が理由付けもできて提案できるのです。 次回はみなさんが楽しんでもらえるようなツールを見つけたので、そちらを使いながらもう少しわかりやすくお伝えしますね! お楽しみに! 似合わせにも色々な薬剤を使わず考えやすいパーマ剤をお探しの方は 是非ロジュエを試してみても良いかもです! 詳しくはこちらから!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

2019The trend keyword of the mast FW perm of the winter of 2009 is ○ ○! !


今日は少し視点を変えて、秋冬パーマのトレンドと似合わせのお話。 今季のトレンドキーワードは2つ。 「脱力系ゆるふわ」「強めウェーブ」 まずひとつめの 「脱力系ゆるふわスタイル」は、ワンレングスベースにゆるふわなパーマをオンするスタイル。これが今は特にトレンドだそう。もっと動きをつけたい方は、レイヤーを入れてトップからゆるふわ感が出るように仕上げるのがポイント。 ふたつめの 「強めウェーブスタイル」は他とは被らない、個性を高めたい方やエッジの効いたスタイルが好きだという方にオススメ。 とはいえ、お客様から「パーマをかけたい」という要望がない限り、美容師さん側からパーマを提案することってまず無いのでは? いくらトレンドだからといって、パーマの提案って美容師さんはもちろんお客様にとってもハードルが少し高いメニューになっているかもしれません。 そんな時、「なぜあなたにこのスタイルが似合うのか」理由付けと共にお客様に説明できたら… 自信を持ってスタイル提案する武器のひとつになると私は思うのです! 実は、「脱力系ゆるふわスタイル」は中村アンや長谷川潤といった芸能人が似合い、「強めウェーブスタイル」は高畑充希やベッキーといった芸能人が似合う代表例です。 なぜ?と疑問に思いますよね。 これにはちゃんと理由があるのです。 Styling Mapのメソッドを身に付けると、 これがなぜなのか説明できるようになるのです!このお話は次回以降、少しずつお話させていただきますね。 カラーにトレンドがあるように、パーマにも旬なデザインを取り入れ、お客様へ新たなスタイル提案をしてみませんか? そのスタイル作りのお手伝いに、ROjUE(Rojue)を活用してみてください。 きっとお客様、美容師さん双方に喜んでいただけるはずです! そんなロジュエの情報はこちらから!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

I'm in charge of the new blog!


Micro Parkのblogをご覧頂きありがとうございます。新blog担当のayakaです!美容DLで営業の経験を積んだのち、東京のファッションスタイリスト事務所でマネージャーをしながらStyling Mapというメソッドの普及に携わってきました。今までとはまた違った視点で、みなさんに有益な情報をお届けできたらと思っています!ところでみなさん、Styling Mapって聞いたことありますか?「スタイリングの地図」日本語にするとこうですよね。意味わからない!という方が多いと思いますが、まさにこの通りのメソッドなのです。Styling Mapとは「人と物の個性を分析するモノサシ」です。スタイリングを構成する人の「色・形・素材・内面」と物の「色・形・素材」を論理的に分析し、「4つのテイスト」に分類して地図のように配置します。※日本ファッションスタイリスト協会HPよりこのStyling Map、ファッションの似合わせはもちろん、ヘアスタイルやメイク、ネイルアートやブライダルにも応用ができ、私たち美容業界に携わる人なら誰でも身につけて損はない!というメソッドなのです。パーマを通してみなさんのお力になりたいと思っている弊社ですが、これからこのblogの場で少しずつStyling Mapについてもみなさんにお伝えできたらなと思っていますので、乞うご期待ください!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"I'm afraid of the tip of my hair!" When you think so, 200% Rojue treatment is recommended!


Hello because the softest hair straightening in Japan is "ROjUE" after all! It is KENTA of MICRO PARK! It's October 2019 when typhoons of unprecedented magnitude came, and after that, it's been raining days... the people in the disaster area have been through really hard times and I sincerely hope that they will be able to recover quickly. We will do what we can as MICRO PARK every day and cooperate with the reconstruction of the disaster-affected areas! Because of the rain that has been going on for a long time in October, there are many people who have trouble taking care of their hair, don't they? What has been active for a long time as a menu that can be without worrying about habit at such a time is hair straightening. It is the best menu to solve the trouble of really terrible habit hair. However, there is only one point that the hairdresser feels scary when this hair straightening and the treatment. Do you know where it is?? It's a hair tip. Isn't it? Today's customers generally have a relatively large chemical damage to the tip of the hair, so I am very concerned about the bibiri when the drug touches here, but many hair straightening medicines contain relatively many alkaline agents in order to stretch the habit firmly. This is one of the really worrying materials for the tip of the hair! The most common cause of hair damage in hair chemical treatment is alkali agent. But while we know that, why do major manufacturers put alkali in large quantities? The reason for the failure of the hair straightening that the manufacturer thinks is that it does not grow. Hair straightening: If you can't do this to stretch your hair, it's over as a product!!!! If only this is not prevented, it is not worth it as a commodity! Then let's give it power! However, there are quite a lot of alkalis in it. However, this is not understood and the state of the tip of the hair is now very unstable, so if excessive alkali is applied to the tip of the hair because the conditions do not match . The tip of my hair is going to be scared - I'm going to tell you about the super important alkali from now on. If you think that it is not possible to treat healthy hair unless it is a strong drug, please listen carefully. The maximum amount of alkalinity required to perm is 2.0 alkali. I don't need any more for my hair. If you see a drug from a manufacturer that has more alkalis in it, please think about efficiency here. In fact, if there is an alkaline amount of 2.0, treatment is possible. If you apply this after you know the principle, hair straightening will take even healthy hair. However, even in this 2.0, there is a case to be scary in the tip of the hair. In such a case, it is also ants to think about various things and use weak drugs, but it is quite difficult to think so much. If you pick this rojue treatment with a buffer effect that has a rojue treatment acidity that appeared here and put it in the place where you want to protect the tip of the hair, it is a super excellent treatment that cuts the alkali and makes only the reducing agent react to the hair. Hair straightening is scary if you do not change the drug originally at the root, middle, hair tip, but there is still a place where efficiency and time are important. Even just curly hair compulsion is a time-consuming menu, so the extra work is very difficult! So I point the rojue treatment to the damage part of the tip of the hair and pinch it and apply it to the hair. After doing this, just apply the rojue cream and you're done. Then, the alkalinity 1.5 alkali contained in the rojue is cut and only the reducing agent penetrates the hair. If you want to strengthen the reaction of healthy hair parts, you can respond by applying un-limit water (blog Rojue item "Un-Limit Water") to master 120%. If it is Rojue, the fear of the tip of the hair is solved by only this work. By combining this with a mechanism such as a mechanism to unify the type of cow sealing perm, the fear of the tip of the hair will be no more. Please try from Rojue first as I will announce the method of the mechanism later. Click here for information on Rojue! Language This page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original contents.

Show all

There are too many kinds of recent commercial products!! Perm agent for beauty dealer!


元美容ディーラー的に考えると最近の業界の商材は全般的に とにかく商品点数が多い! 特にパーマなんか紹介するのにも このパーマ液の一番弱いタイプには サルファイトが使われていて・・・・とか 中間の強さのタイプには システアミンにこのチオ乳酸が入っていて・・・とか 毛先の減力にはこの保護剤をつけて・・・・とか トリートメント効果がとても高い理由は実は、、、とか 1つのアイテムで覚えることが多すぎる! 美容ディーラーって意外と忙しいんですよね 担当件数も人によっては1日20件以上もあるし そんな状況でメーカーからの新商品もやたら多いし 会社からはこのメーカーのこの商品売ってこいとか(T . T) やることも多すぎだし サロンからは全部必要なの?とか言われるし 新人は覚えきれないので教育も大変 はー 本当負担が凄いわ と前職のディーラーセールス時代はちょっとだけ思ってました。 でも現実それで疲弊してるディーラーセールスって今凄く多いと感じます。 特に中堅どころのセールスの負担がやばい! 人材難で若手を大量に雇用したはいいけど営業力不足で育成に対しての労力が上がってしまっている場合はさらに体力を削られるはめに・・・ これって・・・ がむしゃらに働けることで実力は上がったし 悪いわけではないけど この考えが持てる営業マンはほんの一部。 多くのメンバーはもっと効率よくしっかりと数字をがあげられて 時間通りきっちりと仕事が終われて家族や自分の時間を大切にできるることを 切実に願っています。 大変になる分報酬が上がるわけでもない でも商品はどんどん増えてくし どうしたらいいのかなー これを実現するには 働き方を仕組み化することが 大事なんではないかと思います。 私自身 前職の美容セールス時代 数字をあげることは 本当容易にできてました。 それはオリジナリティを持った提案の仕方を独自に持っていたからお客様 が珍しがって面白く感じてくれたから面白いほど商品が売れたんです。 他社と差別化をしようと他の誰もがやっていない方法でお客様開拓を行った結果 自身は所属していた12年間数字を達成できなかったことがなかったのです。 それは既存市場でも新規市場でも全く同じでした。 しかしこれには大きな落とし穴があったのです。 それは 自分以外に教えるのがものすごく大変 ってことです。 誰もやってないことは差別化にはなりますが 差別化しすぎると誰もが簡単にできなくなります。 これが大きな欠点です。 新しい方法を考えてそれを部下や誰かに伝えていく場合 [...]

Show all

Because it is troublesome, I challenge it and differentiate it! It is easy to differentiate if you master the perm!


元美容ディーラーの視点で考えた! 髪に優しい次世代型ハイブリットパーマ「ロジュエ」を提案する マイクロパークです。 今日はサロンの差別化における パーマの優位性の高さ について考えてみました。 唐突ですが、美容師さんにこんな質問をしてみました。 Q:「パーマって好きですか?」 A:「パーマ好きです!」 次に Q:「パーマはお店の強みですか?」 A:「違います。むしろ弱いです。」 次に Q:「パーマを今後強みにしたいですか?」 A:「あまり考えていません。失敗だったり手間がかかるので」 美容ディーラーの時から感じていましたが パーマを積極的にお店の売りにしてる所ってもの凄く少ないです。 結構苦手意識があって美容師さん自体があまりお客様に施術をしたがらない ような感じです。 でも以外にパーマが好きな方は多くて自身の髪にはパーマしてる方はちらほら見かけたり します。 ただ業界的にみるとパーマ比率の全国平均は10%程度でメニュー比率の 占める割合は本当に低いです。 なんでこんなに低いのか? 理由はお客様のパーマに対するイメージもありますが 実は美容師さん側にとってもパーマは苦手意識が高いものでもあります。 美容師さん自身がパーマ提案をしたくない理由を聞いてみました。 その結果だいたい多かった意見が ①パーマは痛む・めんどくさい! ②失敗が怖い ③提案が難しい この3点に集約されます。 色々な経験の中で、過去にデジタルパーマで嫌な思いをした美容師さんも多かったり 色々な要因が上記のような状態を作ってしまっています。 でも僕自身はこう考えています。 パーマってめちゃめちゃライバルの少ない市場じゃないの? みんなが苦手で取り組んでいないのであれば先に習得して強みになれば そこの「パーマかけたいな』と求めている方のニッチな市場で集客が可能になるし、以外にそういったお客様って 出し惜しみしないから結構単価UPにも役立つと思うのです。 ではこの状態を打破し美容師さんがパーマをやりやすくして行く為に障壁になっていることは何か? 僕が思う一番の問題点は 問題とされている部分がずっと解決されない状態で来ているのがとても美容経営にマイナスになって いるのだということです。 そこでこのような状態を解決していく為に苦手理由に上がっている部分が少しでも緩和されるように ちょっとだけ情報共有したいと思います。 今日は①の理由『パーマは痛む!めんどくさい!』について解説してみます。 パーマは実際どれぐらい痛むのか知っていますか? ちなみにカラーとパーマどっちが痛むと思いますの質問に対して 8:2ぐらいの割合で パーマの方が痛む! の解答でした。 これは一概には言えないのですが 統計的に考えると実はカラー剤の方が傷みます。 よく使われるカラーのトーンでいうと 8~10はアルカリ度だいたい9~10 [...]

Show all

Cut the alkali of Rojue 100% and try the perm which takes soft firmly.


This perm agent that you can feel the softness more than the hair shortening compulsive agent Rojuer treatment that ultimate softness can be realized is a versatile drug that can be treated corresponding to a wide range of hair. Rojue can correspond to a wide range of hair in a single item, but in order to correspond to a wider range of hair, Rojue will be further upgraded by using support items. The other day, I introduced un limit water using arginine water, which is one of the gentlest alkaline agents. By using (blog: "Water"), a support item for using 120% Rojue, you can open a cuticle with ultimately less pain and allow the drug to penetrate more into your hair. It is a very convenient item SP Premium when I feel that the power of the medicine is strong though it is a little scary to use alkali this time. SP Premium is an item that brings a booster element when added mainly composed of Spierra. SP Premium is an amphiphitic reducing agent, Spierra (a reducing agent that does not require alkalis. It is possible to curl formation by suppressing the outflow of CMC, due to the characteristic of amphiphile, it is possible to evenly reduce the hydrophile and hydrophobic portion. I'm using it. Because it has a lot of reduction area, the reduction value is high by mixing it with Rojue. In addition, there is a property to lower the alkali, so mixing the spierra will cut the alkali that causes damage. Then, alkalinity is reduced, the lojue with a very high reduction value is completed. I want to do something about this habit, but I'm afraid if alkaline gets on , but if you want to use a drug that has power, please try this method. The speed of finishing can also be shortened by about 5 minutes. In addition, Spierra is a reducing agent of the acidic region, but it also improves the texture, gloss, etc. However, because there is a little smell, please try to use it while paying attention when using here. Language This page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original contents.

Show all

If you want to make sure your "perm after a long time" is a success, you should choose Rojue!


I didn't put it on at all because I had a bad feeling with a perm a long time ago. It is the best menu to differentiate and surprisingly there are many hairdressers who say "I like perms" for the low treatment ratio, but what is the reason why it is an obstacle that I said that I can't actually work on this "perm" or I'm worried? There are overwhelmingly many opinions that many hairdressers are overwhelmingly anxious because they are afraid of hurting their hair. Then, what is the cause of this pain? There are various answers, but I arrived at the reason why it happens as a result of the statistics by asking various things, and because I do not know the cause and the solution of why it becomes so as an answer around me. If the perm understands the principle, it is actually easy, but it is often treated by relying on the performance of the drug without knowing it. By the way, when I say in this Rojue, alkali is small and the reduction value is high! It is a perm agent characterized by the point that said. Then, if such a perm is good, can the ideal wave come out or the ideal straight can be applied? Or, if you have such an idea on your own how far you can cope, you can firmly propose a perm. I'm not afraid. Even if it is not Rojue, the perm can be applied. One thing I can say is that it is important to share information about perms with firm standards in the shop. There are quite a lot of way of that famous lecturer! Or my original way of doing things! Because such a thing spreads from a small beauty salon to a big beauty salon, the education becomes difficult. There are too many way to do it. Therefore, it is very important to know that having such a thought and mine is the point of success by using one instead of replacing the perm which is thought to be particularly difficult, and unifying the way of doing it firmly by making it a mechanism firmly in each shop. I think that it is a perm that becomes familiar by using it for a long time just like the scissors of the hairdresser if it says. The perm agent is whatever the perm agent is good as long as it suits me just like the tool scissors of the hairdresser. However, the difference between Rojue and other perms is that they are overwhelmingly softer than other perms. If you are surprised, please look at the information on the TOP page. Language This page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original contents.

Show all